AIにより人のカウントを行い、街の通行量を24時間計測する移動式カメラです。
かんたんAIカウント(ポータブル)は以下の考えのもと、これの評価・課題解決のために作成されました。

  • 通行者数は街の通信簿である
  • 交通量調査の人員不足である
獲得効果 >> ① 個店の店舗運営戦略(営業日・時間・シフト)検証 
         24時間(曜日別)の通行量データフィードバック。

        ② 新規出店検討者へ街のポテンシャルをPRする。
         出店を後押しするマーケティング情報を提供

特徴

必要な時、必要な分だけ
当サービスでは移動可能なカメラを期間を設定してレンタルできます。
イベント前後の交通量調査など、一時的に歩行者の人数の計測をしたい時などにお使いいただけます。

正確な人数把握
AIを用いたカメラにより、駅に向かう人と駅から来る人のような、2方向の人数を15分間隔で計測します。
天候や昼夜を問わず、24時間計測可能です。
個人情報となる顔の情報は削除されますので、被撮影者とのトラブル発生を防げます。

手軽な設置、人手不足の解消
移動可能なカメラですので、壁や天井に穴を開けるような工事は必要ありません。
記録したデータもクラウドに送信されるため、必要な配線は電源コードのみです。
従来、人手を必要としていた交通量の把握もこのカメラで解決します。

街のマーケティング補助
記録したデータはCSVファイルで出力をして確認が可能です。
CSVファイルなので、Excelを用いてのデータ加工が簡単に行えます。

運用イメージ

導入は簡単!
  1. カメラを設置する
  2. 管理画面で好きな設置場所を登録
  3. 管理画面から好きな時に通行量のデータをダウンロード

例:商店街のメイン通りの人流と、その先の交差点でどちらに曲がるのかを計測した場合

画像左:撮影箇所のイメージ図   画像右:通行量の出力イメージ図

機能

人数カウント機能
・撮影対応時間:24時間
・記録間隔:15分毎
・記録対象:カメラフレームに左右2方向から映る人
・屋外設置:可能

データ出力機能
・出力アプリ:街情報管理システム
・出力方式:CSV
・出力間隔:15分毎

個人情報保護機能
・人数以外の情報の削除

街情報管理システム

セット内容

  1. カメラ(AIカウンター内蔵)
  2. 土台
  3. 通信設備
カメラ部分
土台・通信設備部分

動作環境

・全長:3m
・幅:45cm×45cm(土台を取り付けた場合)
・電源用のコンセント×1

人物:170cm

費用/ご利用申請

費用

ご契約期間は1か月からお願いいたします。

また、費用は設置場所に合わせてお見積りさせて頂きます。
お見積りをご希望のお客様はこちらへお問い合わせください。

ご利用申請

ご利用までの手続きと流れ
  1. Macittaアカウントを取得してください。(既にアカウントをお持ちのかたは次のステップへ)
  2. 「かんたんAIカウント」見積・利用申請をご入力してください。
  3. 審査終了後、「利用手順書」が発行されます。
  4. 機材がお手元に届きます。

  ※③終了後、④までの期間は機材の空き状況に依存します。
   ②でお伺いする希望利用機関に基づき調整させて頂きます。

かんたんAIカウント利用申請

ご利用申請はこちらからお願いいたします。

保障

保険あり

製品カタログ

かんたんAIカウント(ポータブル) のカタログはこちらからご覧いただけます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願い致します。

designed by KT-NET

かんたんAIカウント(ポータブル)はKT-NETが製品のデザイン及び開発を実施いたしました。

KT-NETとは?
・・・株式会社KDDI総合研究所の協力を得て東京システムハウス株式会社が主催する、ビジネスコラボレーション集団です。
そのミッションは、KDDI総合研究所及びKT-NET会員企業のシーズをサービス化、製品化すること。
非IT企業である賛助会員から集めたニーズをもとに、シーズ保有企業とのマッチングやコラボを実施しています。

詳細はこちらをご覧ください。